スタッフブログ

デッキのある暮らし④

コーディネーター② 自己紹介へ
2017/07/25(火) リフォームのこと

シリーズでご紹介しております、「デッキのある暮らし」
最終回は狭小空間を有効活用した「プライベートスペース」のご提案と、デッキで叶える「バリアフリー」のご提案です☆

狭小空間を有効活用 プライベートスペース

コンパクトな狭小スペースを使いやすい空間に有効活用

勝手口まわりや隣地境界などの小スペースも楽しく便利に。
まわりの視線を気にせず子どもと遊んだり、勝手口からの出入りもラクな、風と触れ合える休憩スペースに。

 

ウッドデッキでバリアフリー

寝室やリビングの外にスロープ付のデッキを設けると、車イスのまま外に出られる第二の玄関となります。
段差がないので、荷物の持ち運びや、ペットとのお出掛けの際にも、足元を気にせずスムーズに出入りできます。

 

【おすすめデッキ】 LIXIL 樹ら楽ステージ

POINT① 表面温度が熱くなりにくい

デッキ材の色を表現する「顔料」に、太陽光線を反射する特殊タイプを採用しました。
※クリエラスクA・クリエモカAが対象

 

POINT② サイズも形状も自由自在

敷地や用途にあわせていろいろなサイズや形状に設計・加工ができます

POINT③ メンテナンスが簡単

土汚れは水洗い、表面のキズはサンドペーパーで簡単に補修できます。

 

4回に分けてご紹介いたしました、「デッキのある暮らし」 いかがでしたか?
ご検討の方はぜひ三光ソフランまでお気軽にご相談くださいませ☆

過去の記事はこちら

デッキのある暮らし① 「アウトドアリビング」

デッキのある暮らし② 「軒下空間」

デッキのある暮らし③ 「バルコニーリビング」

   

facebook
宣伝隊長のくまのソフィーくんが更新中♪
ぜひご覧ください!!
三光ソフランのリフォームfacebookはこちら


LINE@

イベント情報や暮らしに役立つコラム、LINEのお友だち限定セールや住宅の未公開物件をお届け!
友だち追加

記事一覧|2017年7月

ページトップへ