スタッフブログ

アンバサダーカフェ 自己紹介へ

夏だからこそ気をつけたい冷え対策!

 

こんにちは!アンバサダーカフェです。

ようやく梅雨末期…来週には梅雨明けと言われています。今年の梅雨は本当に長いですよね(^_^;)

雨に悩まされ、ジメジメとした湿気が続く梅雨…そして新型コロナウイルス感染防止のため、お休みの日はご自宅で過ごす方が多いのではないでしょうか?

一日中冷房が効いた室内で過ごしたり、冷たいものを食べたり、薄着で過ごす機会が増えるこの時期は、体を冷やしてしまいがちです。。。そこで本日は体を冷やしすぎない工夫についてご紹介いたします。

 

 

主な冷え対策

〇 クーラーの温度、風の向きに注意する

屋外と室内の気温差が大きいと自律神経に負担がかかります。外との気温差5~7度の範囲で設定し、冷やしすぎないようにしましょう。風向きを調整したり、冷風が直接当たるのを防ぐことも大切です。

 

 

〇温かいものを体に取り入れる

冷たいドリンクは体を冷やします。常温で飲む、白湯を間にとる、ショウガを加えるなど、冷やしすぎない工夫が大切です。

 

〇軽い運動を行う

体が冷えると血行が悪くなり、肩こりや頭痛といったさまざまな体調不良を引き起こします。日常生活でできる軽い運動でもOK。特に下半身など大きな筋肉を使う運動を行うことで体が温まり、リンパの流れや血行が良くなることで不快な諸症状の解消につながります。

 

 

〇湯船につかって体を温める

一日中冷房に当たった体は芯から冷えています。肩まで湯船に浸かることで血の巡りが良くなり、ダルさも軽減されます。夜の入浴では5分でも構わないので湯船につかって体温を上げ、血行を良くしましょう。 ぬるま湯にじっくり浸かって汗をかき、リラックスすることで自律神経も整います。

 

 

 

お風呂のリフォームでバスタイムをもっと快適♪もっと特別なものに♪

夏のお風呂はシャワーで済ませがちですが、湯船に浸かることで冷房で冷え切った体を芯から温めてくれます。

最新のバスルームは従来の浴室に比べ浴室内のお湯も冷めにくいため、追い炊きの回数が減るなど家計にも優しいメリットもありますよ♪

TOTOさんの浴槽は頭と首をしっかり支え、背中を包み込み身体にかかる圧力が分散されるので、自然とリラックスする姿勢になれます。

出典:TOTO

広々オシャレなお風呂なら夏でもバスタイムが楽しみになりますよね…❤

 

リフォームの事なら三光ソフラン宮原支店までお気軽にご相談ください☺

 

 

 

  

 

LINEからチャット感覚でお問い合わせ・資料請求


気になる疑問・不安もLINEでラクラク解決!!
  • わからないことが多いので、まずは相談だけしてみたい・・・
  •  工事にいくらかかるのか知りたい
  • くわしい見積がほしいので、調査に来てほしい
  • ショールームを見に行きたい
  • イベント・見学会に参加したい

個人情報は送られませんので、「まずは相談だけしたい」という方も気軽に安心してご利用いただけます。

友だち追加

スマートフォンの方は友だち追加ボタンを押してください

 

パソコンの方はスマートフォンでQRコードを読み取ってください

 

 facebook
宣伝隊長のくまのソフィーくんが更新中♪
ぜひご覧ください!!

三光ソフランfacebook

 

 Instagram
施工例多数掲載中♪ 不定期で見学会やイベントからライブ配信もございます!
フォローして配信をお待ち下さい☆

記事一覧

1ページ (全41ページ中)

ページトップへ